業界コラム

2017.04.01

『要求定義』

 システムを構築する場合、業務パッケージ、ERPを採用しお客様の業務に合わせていく方法、又は一からお客様の業務合わせスクラッチで構築するなどいろいろな方法が存在します。
また、開発ツールはプログラムの自動生成など従来の開発に比べると生産性および品質を維持するための便利なものへと強化されつつあります。
 
 システム構築の方法やツールなどは時代とともに変わってきていますが、要求定義の工程に関していえばツールなどの採用は進んでいるものの、人の経験とスキルに大きく依存する工程だと思います。
システム開発工程の中でも最も重要な工程であり、正確に関係者の要求を引き出すこと、要求に対する優先度、更に要求と要求の間の関連性なども整理、管理する必要があります。
要求の管理に絞って考えればツールの活用が有効だと考えますが、要求を引き出す、要求間の関連が矛盾する場合などの調整など難しい作業が存在します。
システム開発の成功に大きな影響を与える工程であり、対応できる人の育成も非常に重要な部分であると考えます。

T・S 

Copyright (C) 株式会社アテネコンピュータシステム All Rights Reserved.