業界コラム

2020.01.10

『最新技術とコスト』

 最近では人工知能や機械学習といった単語がニュースなどで飛び交い、IT業界のみならず、一般の方にも強く認識されていると感じます。また、実際にAIを業務に活用した案件も日本国内からあがっており、業務システムや事業においても実用性が証明されつつあります。

 
 今まで以上にIT業界や最新技術が注目される中、あまり真新しさを感じないサービスが現在流行しています。それはQRコード・バーコード決済です。所謂○○payという名前で流行しているサービスですが、カメラやバーコードリーダでスマートフォンの画面を読み取り決済をすることができるというもので、最新技術でないどころか、私はSuicaなどの非接触型ICカードやクレジットカードの方が優れているのではないかとすら思いました。
 個人的な見解ですが、この○○payが流行しているのは端末購入などの初期コストの低さにあると感じています。簡単にWebで検索してみただけでも、○○payとクレジットカードでは導入コストに差があることが分かりました。消費者としても、キャッシュバック等のキャンペーンが行われており、業界の成長とは裏腹に「最新技術、利便性」といった面よりも、コストやキャッシュバックなど金銭的な面が重視されているように感じました。
 IT業界に従事するものとしてやはり最新技術は気になります。しかし○○payの流行を見て、最新技術だけを追うのではなく、視野を広く持つことがビジネスには必要なのだと感じました。
K・S
Copyright (C) 株式会社アテネコンピュータシステム All Rights Reserved.