プログラマー2015年入社

入社のきっかけは?

    「プログラムをやりたい」と熱意を持って話せる雰囲気がよかったです。

大学では組込み系のソフトウェアを学んでいたのですが、業務系のソフトウェアにも興味があり、「就職するならIT業界だ」と思って、IT業界一本に絞りました。教授に「IT業界にいきたい」と相談していたところ、「この会社を受けてみないか」と勧めていただいたのが、アテネコンピュータシステムだったのです。
数社、試験を受けたのですが、アテネコンピュータシステムでは面接時に、私の話をよく聞いていただいてとてもよい感じでした。自分が「プログラムをやりたい」と熱意を持って話せたのも、『やる気のある人』をしっかり受け入れるという会社の姿勢を感じとれたからだと思います。
それに、自社製品の開発もしたかったので、自社製品のあるアテネコンピュータシステムに魅力を感じました。

入社後の様子は?

    初めて、チームプロジェクトを経験して、
    チーム力のすばらしさを学びました。


入社後、マナー研修、JAVA(プログラミング言語)研修、プログラミング研修など様々な研修がありました。この時、初めてチームプロジェクトを経験したのです。チームプロジェクトは一人ひとり認識が異なるため、難しさがある反面、誰かが遅れても誰かがフォローするという利点が大きく、チーム力で乗り切るすばらしさを学びました。システムを完成し、最後の日にプレゼンテーション。その達成感が何ともうれしかったです。
それから、OJTがあり、先輩について課題をこなしていきました。これはプログラミングの技術だけでなく、資料をどのように見やすく作るかなど、業務全体を見通してのトレーニング。日々自分の成長を感じました。

仕事の様子は?

    「失敗を次に生かすようにすればいい」という
    先輩の言葉が次へのやる気に。


プログラムを作った後には、製品テストを重ねます。これまで経験がなかったことなので、先輩に聞きながら今もって勉強中。最近は、自社製品のセットアップ、動作検証などにも取り組んでいます。お客様先で説明する先輩についていき、説明の仕方を学んだり、サポート電話の対応をしてどのような困りごとがあるのかを把握したり…。
製品を納品した後に現地で修正する作業をした時のことです。修正が効率よくできなくて、結局、先輩にフォローをしてもらいました。その時、ちょっとへこんだのですが、先輩が「新人の頃のミスは大したミスじゃないから。失敗を次に生かすようにすればいいよ。失敗は周りがフォローするから大丈夫」と言ってもらえ、安心しました。そして、「明日はもっとがんばろう」と、気持ちを切りかえることが出来ました。
一番の楽しみは、社員旅行です。昨年は沖縄だったので、「豪華だな」って思いました。先輩も後輩も全員が沖縄を満喫。仲間意識がより深まりました。遊びの時は楽しく、仕事の時はプロフェッショナルに、メリハリがあっていいですね。 現在、会計ソフトの開発をしていますので、会計にも興味が持てて、知識の幅を広げる意味でもいいことだと思っています。会計の得意な先輩が会計の勉強会を開いてくれるのもうれしいですね。

これから入社する人に一言。

    失敗を恐れないで、自分から動くことが成長につながります。

初めのうちは不安ばかりが先だって、何をしていいかわからないかもしれません。でも、失敗を恐れないで、自分から動くことが自分を成長させる近道ではないでしょうか。先輩がいつもフォローしてくれます。周りがフォローしてくれる環境がここにあるので、安心して、先輩に聞きましょう。

オフの過ごし方
休日は映画を見に行ったり、カラオケに行ったり…。
また、近くにショッピングモールがあるので、服や雑貨を探してぶらり歩きをしています。家で過ごす日は、ゲームをするなど自分の好きなことをしています。休日を楽しく過ごすことが仕事への活力につながります。
とある一日のスケジュール

8:15

出勤
予定の確認
メールチェック
9:00 朝礼
連絡事項確認、スピーチ
9:10 ミーティング準備
ミーティング用資料印刷
10:00 ミーティング
作業予定やサポート状況等の確認
11:00 開発
VB.NETプログラミング
11:45 昼食
会社の近くの定食屋などを転々と。
12:45 開発
VB.NETプログラミング
テストケース作成
テスト仕様書作成
17:30 帰宅

Copyright (C) 株式会社アテネコンピュータシステム All Rights Reserved.